「静かにしろ」は英語ではどう言うか?

目次

Living as I do in such a remote country, I seldom havevisitors. のas I do は,なぜ as I amにならないのか?

この文は実は分詞構文で, Living in such a remote country, I seldom have visitors.(このような辺びなところに住んでいますので,めったに訪ねて来てくれる人がありません)という意味の文を,「これにのとおり(現に私が住んでいるとおり)」と強調するために,as I do を挿入したものです。

したがって,この do は live の代わりに用いられた代動詞であって, as I am living の倒置ではないので,この形の文では常に do となります。またこのas は,口語では the way などが代わることもあります。

<busy ~ing>,<go ~ing>は分詞か動名詞か?

<busy ~ing)は busy in ~ing の in が省略されたものとされます。そこで、この ~ing を動名詞とする見方もありますが,現在では実際にはふつうin がないわけでので, 現在分詞と考えてよいです。

My mother is busy cooking in the kitchen. (母は台所で料理に忙しい)

(go ~ing)ももとは go on ~ing であったとされるため,同じように扱われますが、現在では〈go ~ing>の形で慣用的に用いられるので, 現在分詞とされるのがふつうです。

She went shopping. (彼女は買い物に行った)なお,(go ~ing)はスポーツやレクリエーションなどに用いられることが多く,前置詞に注意が必要です。

「静かにしろ」は英語ではどう言うか?

一番ふつうの言い方は Be quiet! で,いらだっているときにはただQuiet! といいます。辞書には Don’t be noisy!という形もあげられていますが、騒音の高さを下げる意味で用いられるので, 一般には不適当という人もいます。

Don’t make a noise. は音を立ててはならないような場面で用いるので一

般的ではありません。教室などで生徒が立って動き回っているようなときには、教師は Everybody, settle down! と言うし, 大人の集まり, たとえばパーティーなどで「皆さん, お静かに」 と呼びかけるには Excuse me. を用います。

法廷では Silence! と言います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる