While staying in Paris, I met Jane. は分詞構文 ?

目次

<feel+O+do> と<feel+0+to be> の違いは?

feel は肉体的に「~が…するのを感じる」というときには<feel +O+do>の形をとり,ふつう受動態にしません。「~が…だと思う」という意味で精神的知覚を表すときには, <feel that …> または<feel+O+to be> の形をとり,to be 形は受動態にすると, <be felt to be ~> となります。

The plan is felt to be unwise.(その計画は賢明ではないように思われる)

While staying in Paris, I met Jane. は分詞構文 ?

分詞構文と考えてもよいです。

分詞構文はその表す意味があいまいなことが多いので、これをはっきりさせるために,分詞の前に接続詞をつけることがあります。問題の文も、Staying in Paris,…という分詞構文の意味をはっきりさせるためにwhile をつけたものと解することができます。しかし,この文はまた While I was staying in Paris, ..という副詞節のI was を省略したものと考えることもできます。<主語+ be>を補って考えることができる場合は,どちらかというとこのほうが自然であるともいわれます。ただし,ふつうは進行形にならない動詞でも,~ing の形になるので、そのような場合は分詞構文と見たほうがよいです。

一方、After having finished his homework, Jack went out to play baseball with his friends.(宿題をやり終えると,ジャックは友達と野球をするために出かけた)のような文では, after には接続詞も前置詞もあるので、前置詞と解すれば having は動名詞です。

On arriving there, he set to work. (そこへ着くとすぐ彼は仕事にとりかかった)という文では, on は前置詞で, arriving は動名詞です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる