It was wise for you to go there with him. は誤りか?

目次

This stone is too heavy for me to lift (it). の最後のitはつけないのが正しいのか

原則として,一般に<too for A to ~> のように, <for A> のある構文では,不定詞の意味上の目的語はつけることもあり、つけないこともあります

問題の This stone is too heavy for me to lift (it). というような場合には, to 不定詞の意味上の目的語(文の主語と同じで、ここでは this stone をさす代名詞の it)は, 置いてもよいわけですが, 実際の用例では省かれるほうがふつうです。 意味上の目的語 (it) がない場合には, too heavy for me(私には重すぎる) という意味のまとまりが強く感じられ, 次の to lift はただ「どういう点で」 ということを説明すればよいので, ここでは 「持ち上げる」という動作だけを示せば十分だからと考えればよいです。

これに対して,不定詞の意味上の目的語が省かれないで置かれている場合には,<for me to lift it> の部分がまとまっていて, for me は to 不定詞の意味上の主語で, 「私がそれを持ち上げる(I lift it)」という文が、不定調の構文になっていると考えられます。そうなると文の場合と同じで, 他動詞である lift の次には目的語の it が必要になります。

ただし、どちらの場合も, <for me> がなければ it は必ず省かれます

It was wise for you to go there with him. は誤りか?

正しい英文です。「彼といっしょに行ったとは君は賢明だった」という意味で,「君」の人物評価をしているのであれば, It was wise of you to go there with him. (=You were wise to go there with him.) となりますが、「君が彼といっしょに行ったこと」が賢明なことであったというなら,For you to go there with him was wise. つまり, It was wise for you to go there with him. となります。wise という形容詞は人物の評価にも事柄の評価にも用いることのできる語であることから,文脈しだいで for か of かになるわけです

このようなケーは,wise や foolish のように「賢明だ」「愚かだ」という意味を表す形容詞や, right や wrong のように「良い」「悪い」の意味を表す形容詞の場合に多くあります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる