道徳に関する名言その3

あまり知られていない名言を集めました。

目次

道徳に関する名言その3

道徳的理想の勝利は、他のいずれの勝利と同じく、「非道徳的」手段によって、つまり暴力・虚言、耕誇・不正によって得られる。

#ニイチェ 「権力への意志」

それ人道は警へば、水車の如し、其形半分は水流に順ひ、半分は水流に逆ふて輪廻す。

#二宮尊徳 「二宮翁夜話」

崇高な不徳は讃美される。だが卑晒なけち臭い者共はどんな事情に於ても許され得ない。

#萩原朔太郎 「虚妄の正義」

判断の道徳とは、基準を持たない精神の道徳を軽蔑する。というのは、精神に科学が属しているように、判断には感情が属しているからである。

#バスカル 「パンセ」

人々は美徳の点ではそんなに差異はなく、悪徳の点でのみ差異がある。

#ハバード 「千と一つの格言」

徳行は魂の美である。

#フラー 「格言集」

徳は一種の健康であり、美であり、魂のよいあり方なり。それに反し、悪徳は病気であり、魂であり、弱さなり。

#プラトン「国家編」

道を愉しみて駿を忘れ、徳に安んじて貧を忘る。

「文子」

気性の穏健なことはひとつの徳であるが、主義の穏健なことはつねに悪徳である。

#ペイン 「コモンセンス」

私がとても愛している徳がたったひとつある。その名は「わがまま」という。

#ヘッセ 「観想ーわがまま」

われわれの美徳は、たいていわれわれの罪の私生児である。

#へッベル 「日記」

私自身を窮境の中に支えてくれたのは道義心であり自殺によって生命を断たなかったのは、私の芸術ばかりではなく、この道義心のおかげでもある。

#ベートーヴェン (ハイリゲンシュタットへの遺書)

すべての享楽を抹殺するものを讃美し、享楽を増大するものを非難し、窮乏をよしとし、自己放棄を徳とする。

#ベンサム 「法の原理」

悪徳からの逃避は美徳の始まり

#ホラティウス 「譲刺詩」

仁が不仁に勝つは、水が火に勝つが如し。

「孟子」

人の行ふべきかぎりを行ふが人の道にしてそのことの成ると成らざるとは人の力に及ばざるところぞ。

#本居宣長 「断片」

われわれは嘘の看板を掲げて名誉を得ようとする。徳はただそれ自体のためにのみ追求せられることを欲している。それで、たまたま人間が他の動機から徳の仮面を冠っても、徳はやがてわれわれの面上からそれをはぎとる。

#モンテーニュ 「随想録」

道徳的意志は、ひとたび法則化されると自由の極梧となる。

#ヤスペルス 「断片」

宗教はたくさんあるが、道徳は一つのみである。

#ラスキン 「美術講義」

道徳律はつねに変化している。

#バートランド=ラッセル 「断片」

徳は、虚栄が随伴するのでなければ、それほど遠くまではいかないであろう。

#ラ・ロシュフーコー 「簡言集」

不徳がわれわれのもとを立ち去ると、われわれは自分のほうから不徳を棄てたと信じて得意になっている。

#ラ・ロシュフーコー 「簡言集」

われわれの徳行は、往々にして偽装した不徳にすぎない。

#ラ・ロシュフーコー 「簡言集」

生を視る死の如く、富を視る貧の如く、人を視る家如く、我を視る人の如し。(家は豚、人は他者、聖人君子の境地をいう)

「列子」

道徳とは、旧い搾取者の社会の破壊に役立ち、新しい共産主義社会を創造しようとするブロレタリアートを中心に、その周りに、すべての動労者を団結させることに役立つものである。

#レーニン (演説1青年同盟の任務)

悪徳の最たるものは、いかなる悪徳をも怖れず、悪徳を自慢し、悪徳を後悔しないことである。

#ガウ 「ドイツ格言詩」

大道すたれて仁義あり、知恵出て大偽あり、六親和せずして孝慈あり、同家昏乱して忠臣あり。(六親は親子兄弟・夫婦の意)

「老子」

旧道徳は危険を回避することを命じた。だが新道徳は、危険をおかさないものは、何ものをも得ない。

#マン=ローラン 「魅せられた魂」

真実の生活に根ざす唯一の真の道徳は調和の道徳であろう。だが、人間社会は今日まで圧迫と諦めの道徳しか知らなかった。

一同上

君子は本を務む、本立ちて道生ず。(根本的道徳が成り立ってこそ、そこからいろいろの徳が生れて来る)

「論語」

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる