道徳に関する名言8

あまり知られていない名言を集めたものです。

目次

道徳に関する名言8

善悪

世には悪のために悪をなす者はいない。みんな悪によって利益·快楽·名誉を得ようと思って悪をなす。

#ベーコン 「随筆集」

悪は思うままに掌中にし得る。悪にいたる道は平坦にして、われらのすぐそばにあり。しかし、不死なる神々は徳の前に汗をおかれたり。徳への道は永く、けわしく、 第一歩は苦し。

#ヘシオドス 「仕事と日々」

善行のために善をなす者は称讃を求めず、報酬を求めないでも、最後には、その二つとも得られる。

#ペン 「孤独の報い」

往々にして一つの悪の恐怖はいっそうの悪に導く。

#ボアロー 「詩の芸術」

花の香りは風にさからいて匂わず。されど、善き人の香は風にさからいても匂う。

「法句経」

善事ハ常二弱ク、悪事ハ常=強キハ世ノ習ヒニテ、終ニ其善ヲ遂グルコト能ハバ、富貴ハ得難ク、貧疑易キガ如シ。

#本多利明 「経世神策I上」

欲望より生ずる悪徳に耽溺する王は、その富と徳を失う。ただし、怒りより生ずる悪徳には、その生命すら失う。

「マヌの法典」

満開の花木の香の遠く吹きもたらされるがごとく、福業(善行)の香は遠く吹きもたらさる。

「マハーナーラヤナ・ウバニシャット」

悪よ、汝わが善たれ。汝によりせめて分かれし帝国を天の王とともに維持し、汝により過半を治めよう。

#ミルトン 「楽園喪失ー四」

わが子よ、礼拝のつとめを果たし、他人には善を勧めて悪を抑え、いかなる目に会おうともよくそれに耐え抜くごとくせよ。それこそ物事の正しきあり方というものなり。

#ムハンマド 「コーラン」

もしも悪を一つの宿命と見なすならば、自由はどこにあるのだろうか。実に悪は人格とともに始まる。

#ムーニェ 「人格主義」

ある人は死ぬが、悪意そのものは死なない。

#モリエール 「タルチュフ」

善とは家畜の群のような人間と去就を同じうする道にすぎない。それを破ろうとするのは悪だ。

#森賜外 「仮面」

善行は、それに報いることができると思われる限り快く受け取られる。その限度を超えると感謝の代わりに憎悪が返って来る。

#モンテーニュ 「随想録」

私は明白な不正を陰険な不正ほどには、また、戦争の不正を平和の不正ほどには憎まない。

同上

善人とは、自己の罪過を記憶し、自己の善事·善行を一忘却する人のことをいい、悪人とは、これとは反対に、自己の善事善行を記憶し、罪過を忘却する人のことなり

ー「ユダヤ伝経」

愛してその悪を知り、憎みてその善を知る。

「礼記」

すべてを善と悟り、すべてを悪と悟る人間を信じるな。しかし、すべてに無関心な人間は、それ以上に信ずるな。

#ラヴァーター 「語録」

悪い命令であることを承知しながら、それを甘んじて受ける人々は、悪い命令の甘受を勧めることになる。不正の存在を前に沈黙する人々は、まさしく不正の共犯者にほかならない。

#ラスキン 「近代国家における自由」

善の究極は悪であり、悪の究極は善である。

#ラ・ロシュフーコー 「簡言集」

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる